ピアノ調律師、ゼウスキのブログ

横浜市神奈川区在住、ピアノ調律師ゼウスキのブログ

    ファーストアルバム
    日高美子&Shinya
    『音の風景画』
    2019年12月24日発売予定!!

    ↓ ↓ ↓

    ピアノ調律のお仕事も受け付けています♪
    ブログ村に参加していますので、クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    高校三年生になり、高校生活最後の一年となりました。二年生から三年生はクラス替えはなく担任の先生もクラスメートも何も代わり映えせず、単に学年が上がっただけの状態でした。

    この高校三年生は自分のピアノ人生で忘れることが出来ない出会いなどあり、とても濃い一年となりました。


    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    学校帰りは毎日の様に本屋さんとCD屋さんに寄り道をして帰宅してました。
    当時は毎月のように多数のCDがリリースされていました。
    お目当てはジョゼフ・クーパーの演奏とラルス・ルースの録音でしたが、クーパーの演奏はオムニバスのピアノ名曲集のアルバムに運が良ければ所有していない楽曲の収録がありました。
    1980年代後半に発売されたロンドンピアノ名曲ライブラリーというシリーズ物のアルバムにクーパーの演奏が多数収録されていました。
    ただ、この時既に廃盤になった頃で取り寄せをして運が良ければ在庫があり手に入ったものの、在庫切れの場合は中古で手に入れるか、どこかのお店で売れ残ったCDを見付けて購入するしかありませんでした。

    注文して廃盤になり、諦めていたものが運良く隣町のCD売り場で売れずに販売されてて即購入しました。
    クーパーの演奏は一曲のみでしたが後にも先にもこの録音はCD化されておらず、このアルバムでしか聴くことができない大変レアな録音でした。

    あれもこれも、欲しいCDは山の様にありましたが高校生のお小遣いでは月に一枚買うのが精一杯でした。

    今はCDも売れない時代、新譜も過去に何度もリリースされたものの再販ばかりでお宝音源がリリースされる事も無くなってしまいました。

    埋もれた名演はまだまだ山の様にあるのにマスターテープが傷んでしまう前にどこかのレコード会社が枚数限定で良いからCD化してほしいものです。


    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    高校ニ年生になり突然成績が良くなり周りの自分に対する接し方がかなり変わりました。
    それまで優等生の扱いなど一度も受けた事はなく、こんなにも成績良くなる事で周りの対応が変わるのかと勉強嫌いだった自分も真面目に勉強するようになりました。
    高校時代は宿題は殆ど無かったので授業でしっかりと頭に叩き込み、帰宅してから勉強はあまりやらなくても上位の成績はキープ出来ました。

    家に帰ると真っ先にピアノを弾き、少し疲れるとドラクエをして遊びテスト週間になるときちんと勉強をし、体育は全く駄目だったものの割と理想的な高校生活を送っていました。

    ピアノも着々と腕が上がり、普通にレッスンを受けてる人並には弾けるようになっていたと思います。

    「どこかで披露出来ないかなぁ」なんて気持ちも徐々に出て来ました。

    秋になり、文化祭が近付いて来ました。しかし、まとまりの無かったクラスだったので、結局何をするのかという事も話がまとまらず、高校二年生の文化祭はうちのクラスは何をしたのか全く記憶がありません。

    再び苦手な冬が訪れました。


    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    一番最初にファンになったピアニストのジョセフ・クーパー(Joseph Cooper)。
    クーパーだけのアルバムは国内では発売されたことがなく、オムニバスのピアノ小曲週に数曲ぽつぽつと収録されてるものしか発売されませんでした。

    CD屋さんに行っては自分の知らない存在のアルバムがないかクラシックコーナーのCDを探し回りました。

    ポリドールかキングレコードのピアノ名曲アルバムに収録されてるため、その2つのレコード会社から発売されてるアルバムをメインに探しました。

    この探す時が何とも楽しく、そして持っていないクーパーの演奏が一曲でも収録されてたらその一曲のためにアルバムを購入したりしました。

    当時はCDジャーナルで新譜情報を見るのが楽しく、CDも毎月アルバムが出てました。

    新譜情報にピアノ名曲集等の情報があると、そのアルバムがどんな内容なのかとても楽しみで発売日を心待にしてました。

    今は配信がメインな時代になり、クラシックも昔のように新譜があまり出ないし、同じアルバムが何度も再販されるだけで掘り出し物を見つける楽しみが無くなってしまいました。

    今だかつてCDになっていない隠れた名演はあります。

    あの頃のような時代がいつか戻ってきてほしいと思ってしまいます。



    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    一学期も終え、長い夏休みに入りました。この頃には中々馴染めなかったクラスメートとも徐々に仲良くなり、数人と暑中見舞を送りあったりしました。

    中学校の時とは違い、宿題は無かったのですが、休み明けにテストを控えてたので、そのテスト勉強が宿題と言った感じでした。

    中間テスト、期末テスト共に良い成績を出せたので、自分なりに少しずつ勉強をし、後はゆっくりと自分の時間を満喫しました。

    ある日、隣町の楽器店巡りをしたのですが、全音ピアノピースを見てたら表紙が違うレイアウトのものが出てきました。値段を見ると何と50円でした。
    あの当時ピアノピース一曲の値段は400~700円くらいでしたが、あまりの安さに驚きました。
    1960年代に出版され、誰も購入することなくお店で眠ってたようです。
    他にも弾いてみたい曲が200円のものがあったので数曲まとめて購入しました。

    ここから全音ピアノピースレア物探しが始まりました。



    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    高校二年生の最初の中間テストが行われました。席が一番前になった事で、授業は眠ることなく真面目に受けざるを得ない日々だったのですが、自分が通ってた高校の試験の点数は、筆記のみでなく平常点と言うものがあり、仮に筆記試験の点数が悪くても授業中の態度などが良ければ、そちらで点数をカバーすることが出来ると言うものでした。
    そのため、授業を真面目に受けてノートの提出などをきちんとすれば筆記試験が赤点としても平常点をプラスして赤点を免れると言う生徒が結構いました。

    当時、数学の計算問題はかなり得意でした。数学のテストは全問計算問題ですらすらと解けました。ただ、最後の五問がたまたま体調を崩して欠席してしまったときの授業の内容の計算だったため計算方法が分からず…
    勘で計算して回答したのですが、その計算方法は正しく数学は生まれて初めての全問正解、100点を取ることが出来ました。

    その他の科目もほぼ高得点、順位はクラスで3位5段階評価で体育以外は全て4と5でした。

    中学生の時とはまるで違う成績を出し、中学校からほぼ自分と同じ成績だった人と大きな差が出ました。

    数学に続いて点数が良かったのは国語ですが、平常点を入れると自分だけ100点を越えてしまうため、中間テストで国語のみ平常点無しと言うことになってしまいました。

    テスト終えて席替えがありましたが、席替え後も授業は真面目に受け、卒業するまではクラスで常に1位か2位の成績をキープし、劣等生から優等生の気分を体験することが出来ました。



    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    高校二年生になり、クラスの面子もガラリと変わりました。殆ど知らない人だらけなのに加え、席が一番前になってしまいました。
    「これじゃあ授業中居眠りできない~」何て思いもあったのですが、前の席の人と会話が出来ないと言う寂しさもありました。

    新しいクラスメートと中々馴染むことが出来ず、休み時間になると1年生の時に仲良かった友達の教室に行って会話したり、昼休みはその友達と学食に行ってました。
    元々人見知りが激しい性格だった事と、かつて受けた虐めで少し人間不信的な事があり、中々自分から話しかけたりすることが出来なかったのです。

    そんな中、後ろの席のN村君はちょくちょくと自分に話しかけてくれました。
    最初話しかけられたときはとてもイケメンで友達も多そうな彼に「何でこんな自分に話しかけてくれるのだろう?」と不思議でした。
    N村君が最初に親しくなった友達であり、高校卒業しても暫く連絡を取り色々遊びに出掛けたりする仲になりました。

    家に帰るとCDを聴いて、弾いてリラックス、この2つは当時の自分の心の支えでした♪


    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2015年から開始した作曲活動ですが、念願のCDとして発売する事が決まりました。
    憧れの日高美子さんとの共作です。一曲だけ私も歌ってます。
    11月中にはiTunes、Amazonミュージックにてダウンロード配信予定です。



    ファーストアルバム
    日高美子&Shinya
    『音の風景画』
    2019年12月24日発売予定!!
    ご予約は以下から可能でございます
    ⇩⇩⇩




    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    音の風景画[CD] / 日高美子&Shinya
    価格:2200円(税込、送料別) (2019/10/2時点)






     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    学校から帰宅すると、真っ先に電子ピアノを弾き、CDを聴くと言う習慣が身に付き、中学生の時と違い赤点怖さにそれなりに勉強もすると言う割と充実した高校生活を送ってました。
    中学生の頃はテスト前になっても勉強を一切しないと言う不真面目な子供でしたが、高校生になってからは成績も少しずつ良くなり勉強の事で親からも文句を言われることは無くなりました。

    電子ピアノを弾きながら「このピアノでだと音が普通に出せるけど、本物のピアノで同じ曲を弾いたとききちんと音が出せるのかな…」と生ピアノを弾くことがどこかで出来ないものかと密かに思い始めました。
    今なら街中にある24時間営業のピアノスタジオなど借りることが簡単に出来ますが、地元は田舎と言うこともあり、中々生ピアノを演奏出来る場所がありませんでした。

    長い冬を終え、高校2年生になりました。

    次回に続く…

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    購入したCDを早速帰宅して聴きました。このCDは全音ピアノピースの難易度順に初級~上級生の作品を集めたものになってました。自分が購入したものは全て上級レベルの作品で、聞き応えのある作品ばかりでした。
    殆ど知らない曲ばかりでしたが一曲目から順に聴きました。
    「ラ・カンパネラ」はこれまで聴いたCDの中で一番自分好みな演奏でした。この難曲をペダルを殆ど使うことなく、ノーミスでさらりと軽やかに演奏してて、演奏終えると思わずもう一度リピート再生してしまいました🎵演奏者はミッシャ・ディヒターと言うポーランド系アメリカ人です。
    このCDではもう一曲、一番のお目当ての「ハンガリー狂詩曲第2番」を演奏してました。「ハンガリー狂詩曲第2番」をこのCDて初めて聴いたのですが、聞き覚えのある作品だと思ったらトムとジェリーに使われてた作品でした🎵
    https://youtu.be/NW0PxVi1Qfw

    楽譜を見ながら聴きましたが、名人芸な技巧盛り沢山の作品でした。「これは鑑賞用だな」とすぐに演奏は諦めました。

    このCDはどれも演奏水準が高く、レコーディングしてるピアノの音もとても綺麗で、デッカよりもフィリップスが良いなと感じました。
    もう一人、このシリーズのCDで多数のレコーディングを行ってるスウェーデンのピアニスト、ラルス・ルースのピアノの音、演奏解釈がとても好きでジョセフ・クーパーに続き、この二人のピアニストのファンになり、今現在もまだ持ってない音源を集めたりしています。

    一度で良いから生で演奏を聴きたいピアニストです。


    次回に続く…

    このページのトップヘ